痛みによって原因が違う|パンプスはオシャレに欠かせない!通販での選び方について知ろう

パンプスを履く上での悩みはざまざまだが通販でのサイズ選びで解消!

パンプスでオシャレを楽しもう

パンプスはオシャレに欠かせないアイテムです。色々なコーディネートに合うパンプスのサイズ選びはとても大切です。サイズ選びを誤ると足の痛みを引き起こします。パンプスにも多種多様あり、自分に合ったものを選んでオシャレを楽しみましょう。

痛みによって原因が違う

衣類

靴は選ぶのは難しいアイテム

靴を選ぶ際は、デザインも大事ですが履き心地も考えなければなりません。サイズは合っていても、人それぞれ足の形が違うので履けない場合もあります。靴を選ぶのは、衣類を選ぶ場合に比べて難しいと言えます。

必ず試し履きをしよう

靴選びには、「サイズ」はもちろんですが、「ワイズ」と呼ばれる足の甲周りの長さも考えなければなりません。また、左右の足で若干履き心地が違う場合がありますので、必ず両足で試し履きをしましょう。そして、実際に歩いてみて合うかどうか確かめることが大切です。通販で試着できるサービスがあればそれを利用しましょう。

パンプスを履いている方を悩ませる痛み

土踏まずの痛み

足の裏にはアーチ型の土踏まずがあります。土踏まずは、周りの筋肉や骨によって支えられています。様々な要因はありますが、筋肉が弱ってしまうことでアーチ型が崩れてしまい、痛みが生じてしまいます。

外反母趾・内反小趾

パンプスを履いていると、親指や小指の横が痛いといった声をよく聞きます。外反母趾や内反小趾である可能性が高いので、適切なサイズを選びましょう。土踏まずのアーチが崩れている場合に起こりやすいとされています。

爪先の痛み

パンプスの先端と自分の足先の長さが合っていない可能性があります。また、パンプスの甲の部分が大きく、足をしっかり固定できていない場合も考えられます。サイズ選びの際は、爪先も意識して選ぶようにしましょう。

かかとの痛み

パンプスのかかと部分の締め付けが強いと考えられます。かかとのカーブ部分が靴のカーブ部分と合っているのか確認することが大切です。または、歩く際に、かかとで踏ん張る癖がある可能性があります。

足全体の痛み

足全体が痛む場合は、そもそもサイズが合っていない可能性が高いです。サイズ選びは、実際に履いて歩いてから決めるようにしましょう。パンプスに限らず、他の靴でもサイズ選びは慎重に行なうことが大切です。

パンプスを快適に履くために

パンプスを履いた時に悩ませる痛みについて紹介しましたが、そういった悩みを解消するにはやはり、サイズ選びを適切に行なうことが大切です。また、新しく購入したパンプスは履きながら少しずつ慣らしていくことも大切です。

広告募集中