パンプスにも色々ある!通販で自分の好みに合ったものを選ぼう

パンプスでオシャレを楽しもう

パンプスはオシャレに欠かせないアイテムです。色々なコーディネートに合うパンプスのサイズ選びはとても大切です。サイズ選びを誤ると足の痛みを引き起こします。パンプスにも多種多様あり、自分に合ったものを選んでオシャレを楽しみましょう。

自分に合ったパンプスを選ぼう

色々なコーディネートに合わせられるパンプスですが、機能性に優れたパンプスもあります。多種多様なものがあるので、自分に合ったパンプスを選びましょう。それでは、パンプスの種類を見ていきましょう。

パンプスには色々な種類がある

オープントゥパンプス

オープントゥパンプスの特徴は、つま先部分が開いている点です。サンダルに似ていて涼しげな印象を与えます。サンダルと違って、かかと部分が覆われています。また、つま先部分が開いていますので、サッと履くことができます。

プラットフォームパンプス

他のパンプスに比べて底が厚いのが特徴です。かかとの部分がヒールのように細くなく、しっかりとした底で支えますので安定感があると言えます。ヒールが苦手な人でも楽しめるパンプスです。デザイン性にも優れていてバランスが良いと言えます。

コンフォートパンプス

パンプスはデザイン性を追求しているものが多く、一般的に歩きにくいと言われがちです。しかし、コンフォートパンプスは歩きやすく足にあまり負担がかからない構造となっています。立ちっぱなしの作業や外回りの仕事をする女性に適しています。

オペラ・パンプス

演劇を楽しみたいときや、パーティに招待されたときなど、フォーマルな場所に適しているパンプスです。足を美しく見えるような造りとなっています。また、外側がエナメル生地で施されており、ドレスコードを汚さない構造になっています。

[PR]

可愛いパンプスなら通販サイトで買うのがイチオシ!
人気アイテムの厳選集!
カラコンならナチュラルで決まり!
色も大事だけどつけ心地の良さで決めるのもアリ!

様々なパンプス

パンプス

パンプス選びで考えること

パンプス選びで失敗しないためには、自分の足にしっかり合うのか、持っている服と合わせやすいのかといった点が挙げられます。実際に店舗で選ぶ方法もありますが、サイズについては確認できますが、持っている服とのコーディネートはなかなか確認できません。

通販サイトで探す

そこで、インターネットで好みのパンプスを探す方法があります。好みのデザインについては、インターネットでの検索エンジンを使ってすぐに見つかるでしょう。一方、サイズやコーデについては不安だという方もいるのではないでしょうか?しかし、通販によっては、サイズが違った場合や、思っていたパンプスと違っていたという場合は、無料で何度も返品可能な場合もあります。そういった通販サイトを利用すれば安心して自分に合ったパンプスが見つけられるでしょう。

パンプスについてもっと知ろう!

衣類

痛みによって原因が違う

靴選びは、デザイン性と利便性を考えなければならないので難しいと言えます。その中でもサイズ選びは重要で、サイズ選びに失敗してしまうとさまざまな足の痛みを引き起こします。パンプス選びでも同じで、慎重に選ばないと、外反母趾などを引き起こす可能性があります。

READ MORE
パンプス

魅力あふれるパンプス

パンプスはどんな季節でも楽しむことができます。また、利便性を追求したパンプスもあり、歩きにくさを改善したものもあります。パンプスは色々なコーディネートに合わせやすく、パンプスを重宝している人は多いです。

READ MORE
女性達

パンプスの構造を見よう

パンプスを選ぶときに注意するポイントはいくつかあります。例えば、ストラップが付いていて足をしっかりと固定することができるものを選ぶ点です。他にもパンプス選びで失敗しない選び方があります。

READ MORE

パンプスについての疑問を解決しよう

冬でもパンプスは履ける?

裏起毛や暖かいタイツと合わせると冬でも寒さをしのげるので、パンプスを楽しむことが出来ます。ブーツと比べてオシャレだという声も多くあり、冬でも問題なくパンプスを履くことができます。

パンプスの下に靴下を履く?

履く人もいれば履かない人もいます。履く人は、長時間の作業などでにおいを防ぐ為に履いている人が多いです。履かない人は、オシャレさを重視してパンプスならではのデザイン性を追求しています。

パンプスの臭いを消す方法は?

パンプスは通気性があまりよくありません。ですので、一度履いたら消臭スプレーなどで除菌・消臭をすることが大切です。また、インソールを挿入することで蒸れを防ぐことが出来ます。

履いて疲れないパンプスはありますか?

パンプスは履いていて疲れやすいと言いますが、最近ではスポーツ企業が開発したパンプスや、底が安定しているパンプスがあります。また、長時間立ちっぱなしでも疲れにくいパンプスもあります。

[PR]

広告募集中